TOP
製品&付属品 製品特徴 実績と実用例 開発と歴史 Q&A お問い合わせ TOP
   
ワイヤーロープや従来の繊維スリングの悩みを解消します。
耐久性

> 軽くて柔らかい

> 重量物

> 耐久性

> 心材見えない

> 使える環境

> 偏重心の物

> 熱に弱い

> 破損

> 使用期限

 

 

繊維性ラウンドスリングは
耐久性が劣るのではないか?


米国テキサス州にて、食用トウモロコシ加工機械(Texas Shaker®)が稼働しています。普段はワイヤロープを使っていますが、平均11カ月で切れてしまうという苦情を受け、2008年に、機械重量が10トンのTexas Shaker®に、1本のツインパススリングを付けてみました。


 

吊りっぱなし、激しい揺れ、ベアリングポイントを変えず、天気の日も雨の日も、天候に関係なく使い続け、使用環境は大変悪い状態でした。


16か月間、吊りっぱなし、揺られっぱなしの後、そのツインパススリングを点検してみました。 心材はきれいな状態で、ダメージは最小限にとどまっていました。破断テストの結果、使用荷重の6.6倍の破断荷重があることが分かり、ツインパススリングの耐久性が証明されました。